Main menu

超参加型ランチイベント・「ランチクラビング」を2倍楽しむ方法!!

ロフトワーク 荒井美奈子です。このたび、私が企画・運営に奔走しloftwork、MySpace、BOSEという道玄坂に位置する3社のコラボイベント「ランチクラビング」vol.1(2009年4月24日)が成功のうちに終了しましたので、レポートいたします!

改めましてご参加いただいたみなさん、ご協力いただいたみなさん、心からありがとうございました!

第1回目となる今回は、来場者数が社内外合わせて約80名という嬉しい結果で閉幕。
参加クリエイターの方々からも、「自分たちが元気をもらえた、また参加したいです!」という主旨の感想をいただきました。感無量。

全4回のシリーズでお届けするイベントも残すところあと3回(って割とありますが(笑))。
そこで、今回は、新感覚のカルチャーイベント・ランチクラビングを2倍楽しんでもらえる方法をご紹介します。

ランチクラビングを開催するにあたり、皆さんに楽しんでもらいたいポイントは 大きく3つあります。

斉藤壮一郎さんの作品

まず1つめは、ロフトワーククリエイターのクリエイティビティ

毎回異なるコンセプトを掲げて行うランチクラビングですが、コンセプトに合わせ、毎回参加クリエイターも変わります。

例えば、vol.1だった4月のコンセプトは、新生活を迎える人達をターゲットに『Go! New Life!!』としました。

環境の変化に戸惑い、悩むこともあるかもしれないけど、全部丸めて新生活を楽しんじゃおう!という思いの込もったコンセプトをもとに、はじけるような明るさのある作品が魅力の斉藤壮一郎さんにご参加いただきました。

イワコシタツヤさんの映像作品

半球体のようなキャンバスに描かれた作品は、今にも飛び出しそうなくらい元気が溢れ、会場の雰囲気づくり、話題づくりに大きく貢献してくれました。

このように、毎回コンセプトに合わせたクリエイティブに出会えるのがランチクラビングの1つめのポイント。loftwork.com上でクリエイターについても紹介しているので、参加の前に、毎回どんなクリエイターさんが登場してくれるのかを作品とともにチェックしておくのも、オススメです!

Little Turtles

2つめは、マイスペースアーティストによる"生"の演奏。

各回のコンセプトに合わせてアーティストさんがオーディエンスの目の前で生演奏してくれます。4月に登場してくれたミチルカ(冒頭写真)さんは、演奏する楽曲をコンセプトだった『Go!New Life!!』に合わせて軽いテンポで体が勝手に動くようなものをあえてチョイスしてくれたそう。その甲斐あって最後には会場にいた人のほとんどが体を揺らして音楽に乗ってくれたという嬉しい結果に。

Groundならではのアーティストとの距離感は、息遣いやパワーがダイレクトに伝わり、楽しさがどんどん伝染していきます。 是非一度お越しいただき、体感してほしい伝染具合なのでこれを読んだ方次回はご参加ください(笑)!

最後のポイントは、多彩なカンパニーコラボレーションです。

ランチクラビングテーマである、"Eat! Beat! Meet!"という、 「ランチの時間にアートと音楽とおいしいごはん、そして素敵な出会いを」 に光栄にも賛同してくださった様々な企業の方々と、ここでしか見られない異色 のコラボレーションが実現します。

BOSEのL1システムスピーカー

BOSEさんのカフェライブなどに最適な、ライブサウンドシステム"L1"はまさに好例。クリエイティブの流通をミッションに掲げるロフトワークと、世界の音響スペシャリストのBOSEさん。一見何のつながりもない2社の共同演出は、
マイスペースさんとのコラボレーションがなければ実現しなかったランチクラビングでしか見られない企画です!

vol.2以降も、さらにユニークなコラボレーションの予感がします。

いかがだったでしょうか? まだまだ見所満載のランチクラビング、是非一度参加いただき、新感覚のランチ イベントを体感してみてください!

コメント

blog comments powered by Disqus