Main menu

  • 2009.05.15
  • 株式会社ロフトワーク

FACE ~現代人/イマジン~

人をひきつける成長企業を立ち上げた経営者として、林千晶がBCNの取材をうけました。花王のマーケティングから共同通信ニューヨーク支局で記者をつとめるという林のユニークな経歴に触れながら現在のロフトワークの役割や魅力を紹介しています。

「経歴が多彩? う~ん、でも目的はいつも同じ。人が幸せに暮らすために必要な何かを提供することを常に考えている。その時々で、そのことを実現する手段が違うだけ」。大切にする信念を胸に、時に苦しみながらも楽しく走り抜いている。(本文抜粋)

関連リンク

 

株式会社ロフトワークについて

ロフトワークは、オープンコラボレーションを通じてWeb、コンテンツ、コミュニケーション、空間などをデザインするクリエイティブ・エージェンシーです。
グローバルに展開するデジタルものづくりカフェ「FabCafe」、素材と向き合うクリエイティブ・ラウンジ「MTRL(マテリアル)」、2.5万人のクリエイターが登録するオンラインコミュニティ「ロフトワークドットコム」、クリエイティブな学びを加速するプラットフォーム「OpenCU」を運営。世界中のクリエイターコミュニティと共創することで、幅広いクリエイティブサービスを提供します。(会社概要

お問い合わせ

株式会社ロフトワーク 広報:pr@loftwork.com

コメント

blog comments powered by Disqus