Main menu

  • 2009.08.27
  • 株式会社ロフトワーク

ロフトワークプロデュースの小説「CMS導入奮闘記」がWeb担当者Forumでスタート

Web担当者Forum 「小説 CMS導入奮闘記」

ロフトワークがプロデュースした小説「CMS導入奮闘記」が、企業ホームページとネットマーケティングの実戦情報サイト「Web担当者Forum」で連載開始しました。第1話の「吉祥寺和男の挑戦」は2009年8月27日に掲載され、その後、週2話程度のペースで公開し、全10話で完結します。

きっかけは、Web担当者Forumの編集部から「一般的なCMS解説記事ではなく、ロフトワークの数あるCMSの導入実績をもとに、ユーザがCMSを導入するまでの道のりを小説風に紹介してほしい」とロフトワークへの依頼。CMS導入で苦労している企業の担当者に役立つ情報を面白いコンテンツにして提供したいという思いに共感し、実際にディレクターが直面した場面や体験をもとに、小説として仕上げました。

ストーリー

「小説 CMS導入奮闘記」 人物相関図 

Webの業績アップをミッションに、大衆薬メーカーのファミリー製薬のWeb担当者に抜擢され、自社サイトのリニューアルを命じられた吉祥寺和男。先行きが見えないながらも、吉祥寺は仲間の力を借りつつ歩き始め、CMSという1つの答えにたどり着く。

小説は、主人公の吉祥寺が、ステークホルダーにヒアリングしながらサイトの課題をひとつひとつ洗い出していったり、思惑が異なる各部門のコンセンサスを得るために社内政治に苦労したりと、実際のWebリニューアルプロジェクトさながらのリアルな話が次々と展開していきます。

また、小説の中では伝えきれない具体的なRFP作成のコツや、プロジェクトマネジメントのポイントは、本文とは別にコラムという形で解説。小説として楽しめるとともに、Web担当者がCMSを導入を検討時に知るべき内容をわかりやすく理解できる内容となっています。

今後の展開
第1話 苦悩する吉祥寺——自社サイトが抱える問題とは何か
第2話 神田の提言、中野の助言——企業ウェブサイトが果たすべき役割は
第3話 吉祥寺 vs ファミリー製薬——社内コンセンサス獲得の戦い
第4話 RFPがすべての始まり——吉祥寺が犯した失敗
第5話 新しいパートナーシップ——プロジェクトチーム結成の日
第6話 最適なCMSはどれだ?——大は小を兼ねるのか……荒れるCMS選定会議
・・
第10話 まで続く

株式会社ロフトワークについて

ロフトワークは、オープンコラボレーションを通じてWeb、コンテンツ、コミュニケーション、空間などをデザインするクリエイティブ・エージェンシーです。
グローバルに展開するデジタルものづくりカフェ「FabCafe」、素材と向き合うクリエイティブ・ラウンジ「MTRL(マテリアル)」、2.5万人のクリエイターが登録するオンラインコミュニティ「ロフトワークドットコム」、クリエイティブな学びを加速するプラットフォーム「OpenCU」を運営。世界中のクリエイターコミュニティと共創することで、幅広いクリエイティブサービスを提供します。(会社概要

お問い合わせ

株式会社ロフトワーク 広報:pr@loftwork.com

コメント

blog comments powered by Disqus